おしゃれなバイク用レザージャケットを着こなそう!

レザージャケットに関する情報サイト

当サイトは、アウトドアが大好き、キャンプが好きなど外で遊ぶ事を趣味とし楽しむことが好きな人に向けたサイトです。中でもバイク好きの人に、どの様なファッションでツーリングをすればより楽しいかを提案しています。
趣味は自分が楽しむことも勿論ですが、第三者から見られてお洒落と思われるほうがより楽しく感じられるようになります。なかでもツーリングに適した洋服やサングラス、バッグなどでお洒落なものをご紹介します。

おしゃれなバイク用レザージャケット

おしゃれなバイク用レザージャケット ツーリングは風を切り、好きな場所に瞬時に行くことができます。まるでスーパーマンになったような気分でバイクを楽しむことが出来るのです。しかしツーリングは単に楽しいばかりではなく、危険な乗り物であることも自覚しておかなければいけません。それは人間が露わな状態でバイクにまたぐからです。飛来物や風雨、直射日光の影響を受けやすく、また車以上に転用の危険性もあります。
車との接触事故も珍しくないので、身を守ってくれるジャケットを羽織ることは大事です。なかでもレザージャケットがおすすめです。皮革素材で万一の転倒でも皮膚の擦過傷や打撲から守ってくれます。中でもライダースジャケットににすればおしゃれにスタイリッシュに身を守れます。

バイクでおなじみのレディースレザージャケット

バイクでおなじみのレディースレザージャケット 天気が良い日が続くと、バイクでツーリングを楽しみたいという人も増えてきます。
バイクに乗ると直接風を受けながら走ることができ、穏やかな気候の中で走るのは気持ちが良いものです。
昨今、男性だけでなく女性もこの乗り物に乗っていて、女性ライダーが走っているのを見るととてもかっこよいイメージが持てます。
この乗り物に乗る時に一般的に身につけられているのがレザージャケットで、最近ではおしゃれなものやクールなデザインのレディースジャケットも増えています。
デザイン性だけでなく、機能性も兼ね備えたレザージャケットは、風で体が冷えるのを防いでくれたり、もしもの時に肌を守ってくれるなどの理由でよく選ばれています。
こうしたジャケットを着てさっそうと風を切って走っている女性ライダーもよく見かけられるようになりました。
また、このようなファッションはバイクに乗る人だけでなく、乗らない人の間でもファッションとして定着していて、身に着けるとクールなイメージになれるなどで選ぶ人もいます。
カラフルなデザインのものや斬新なスタイルのものなどいろいろなタイプのものが登場しており、おしゃれなファッションアイテムとして定着してきています。

バイク用レザージャケットのシーズンオフの収納の工夫

バイク用のレザージャケットはシーズンオフで着なくなった時には、天気の良い数日間で陰干しをしてしっかり乾燥させておかなければなりません。
それから柔らかいブラシや布で乾拭きをして、通気性の良い不織布に包み風通しの良い場所に収納します。ハンガーは肩幅に合った幅広のモデルを選びますが、大きすぎても小さすぎても型崩れの原因になってしまうので注意が必要です。
レザージャケットはビニールで包んでしまうと梅雨時期など、カビが生えてしまうことがあります。収納時にも部屋の照明や西日などに照らされて部分焼けを起こしてしまう可能性もありますので、光に当たらないような工夫をしておくといいです。使わなくなったコットンのシーツなどをかぶせておくだけでも、日焼け効果があります。
バイク用のジャケットは着用していると見た目以上に汚れます。現在はレザーでもクリーニングしてくれるサービスがあるので利用してみてもいいかもしれません。特殊な加工をしたウォッシャブルレザーは、自宅で専用石鹸で洗うことも出来ます。

鹿革はバイク用のレザージャケットの最良の素材です

鹿革はディアスキンと呼ばれております。柔らかくしなやかでありながら強靭で、さらに水に強く通気性の高さも特徴です。
その特性からレザーシャツに仕立てられることが多くあり、タイトフィットでも季語ことが良いことがメリットになります。夏は涼しく冬は暖かいために、衣服としても最適な素材なのです。
ディアスキンは内部のコラーゲンに油分を溜め込んでいるために、濡れて乾いたら揉めば元の風合いに戻ります。銀面が剥離しやすいというデメリットはあるものの、しなやかで丈夫なためにレザーグローブでは良く使われる素材です。
食肉産業の副産物である牛革などよりも流通量が少ないために、原皮がやや高額なことからレザージャケットに使うブランドは多くはありませんでした。
近年は素材のメリットが広まり、バイク用のグローブだけではなくバイク用のレザージャケットでも使われるようになっております。
野生動物の皮革のため、傷があったり個体差は大きいですが、それこそ天然のレザーの特徴なのです。

バイクレザージャケットのオーダーメイド注文について

バイクのライダースレザージャケットには二通りあります。吊るしと呼ばれる既製服のレディメイドから、体形を採寸してストレスなく着用出来るようにしたオーダーメイドの二通りです。
レディメイドならば着込んで自分の癖を付けて柔らかくしなくてはいけません。オーダーメイドならば自分の体形に合っているために、慣らしも最小限で済むメリットがあります。
オーダーメイドはお店に行って採寸をして、内金を入れて注文になるのです。仕上がりまでは数か月かかることが普通であり、注文が多い時は納期はさらに延びることもあります。バイクレースなどでツナギを作っている会社は、ジャケットタイプのオーダーを受け付けていることが多いです。
オーダージャケットはタイプ別に金額提示をしており、無料オプションと有料オプションを組み合わせて発注するケースや、完全オリジナルで依頼出来る場合までお店によりメニューは異なります。
デザインの自由度の高さも魅力ですが、最大のメリットは体にフィットした採寸を元にしたサイズ感です。

バイク用レザージャケット幻の熊ジャンについて

熊ジャンはシープなどの毛皮を身頃の外側に張り付けたバイク用レザージャケットであり、防寒性が高いことが特徴になります。
通常は内側にボアを配置しますが、外側に配置しても防寒性能に大きなプラスがあるのです。発売当時はスキーなどのウインタースポーツで着用されたぐらい保温性に優れていました。
現在オリジナルモデルの熊ジャンはビンテージ市場で高値で取引されており、状態の良い物は数十万円のプライスがすることも珍しくありません。
アメリカンカジュアルのレプリカブランドが復刻しており、古着ファンやバイカーが購入して着用しております。異色なレザージャケットではありますが、コーディネートもしやすく暖かいため真冬でも安心して着用可能です。
バイクに乗る時はボア部分が汚れやすくなります。日本では過密状態の交通事情のため、排気ガスや埃が空気中に蔓延しているのです。
ブラシで汚れをかき出し、クリーナーを使用して浮いた汚れを除去します。元々スポーツやアウトドアジャケットだったので、経年の風合いも愛着が湧きます。

バイク用ライダースレザージャケットの羽毛インナー

バイクは時速60キロで走行すると、風速15メートル程度の風に晒されることになります。冬の風のある日に突風が吹いたり、やや強めの低気圧が通過する時に吹く風を同等の風力に相当するのです。
風による冷却効果は10度近くになるので、外気温が20度の時でも走行時には10度程度の体感気温になります。
バイクでライダースレザージャケットを着用するのは、耐風性のある素材で頑丈なのでプロテクション効果もあるのです。繊維が密に絡まっているので、転倒して道路を滑っても体を守ってくれます。
弱点としては外気温とレザーの温度が一緒になってしまう体が冷えてしまうことです。
近年は羽毛を薄くしてインナーに使えるカーディガンタイプのジャケットが普及しております。薄着でも肌に近い部分で保温力をアップさせられるので、レザージャケットの防寒頬力が格段に上がりました。メーカーによってはデタッチャブルの羽毛ベストを付属しているモデルもあります。

レザージャケットの情報サイト

バイクのレザージャケットについて